マダムブルーでも楽しくうららかな毎日のための情報

メタボで更年期でも、アンチエイジングにグルメ、エンタメとうららかな毎日のための情報です。

*

明治神宮の最強パワースポットの地図と清正井だけじゃない場所は?

      2015/10/22

私は、明治神宮って、それほど特別な所だと思っていなかったのですが、知らなかったことが悔やまれるくらい、これがすごいんですよ。

まずは、明治神宮は、1920年に明治天皇と昭憲皇太后を敬って市民たちによって、創建された新しい神社で、東京ドーム15個分の広さです。

表参道は、明治神宮の参拝の入り口です。

南参道から第一鳥居をくぐります。

鳥居の前で、一礼をします。

神様は、鳥居の真ん中を通るので、真ん中は避けます。

右側なら右足から、左側なら左足から出すと、より丁寧で良いといわれます。

明治神宮は、人工的に造られた森で、日本各地から約10万本の樹木を集め、延べ11万人の青年団の協力を得て、5年がかりで植林をしています。

神社になぜ玉砂利が敷かれているかというと、玉には魂という意味があり、玉砂利のじゃりじゃりする音を聞いて心を清めます。

賽銭箱にある「鈴」も同じ役割で、心を清めます。

日本酒は、昔から神様と人間をつなぐ、欠かすことのできないお酒で、お酒作りを教えたのは神様という言い伝えもあります。

明治神宮の参道には、ワイン樽が置かれていますが、明治天皇は近代化を進め西洋のすぐれた文化を取り入れワインを大変好まれたそうです。

第二鳥居をくぐって社殿に入ります。

明治神宮 パワースポットの地図と清正井の場所は?

この第二鳥居から社殿につながる直角に見える参道は、実はパワースポットとしても人気なんです。

明治神宮 パワースポットの地図と清正井の場所は?

ところが直角ではなく、あえて縁起の良い、末広がりの88度にして、通る人のご利益を考えています。

楼門をくぐって社殿です。

石台がありますが、実は石台で高さを上げるのは、お寺ならではで神社ではあまりみられません。

明治天皇の功績に見合った威厳を出したかったからという思いからです。

明治神宮公認の最強パワースポット

明治神宮が人気の理由はいくつもパワースポットがあるからです。

社殿横にある、建設当時に植えられた夫婦楠(めおとくす)

明治神宮 パワースポットの地図と清正井の場所は?

2つの楠の間から社殿を見ると良縁が得られると言われています。

明治神宮 パワースポットの地図と清正井の場所は?

加藤清正が掘ったと言われる清正井は、携帯の待ち受けにすると幸運があると、行列が出来るパワースポットですが、もっと素晴らしいパワースポットがあります。

明治神宮 パワースポットの地図と清正井の場所は?

御苑の散歩道は、ここに来るだけでご利益があり、明治神宮公認No.1のパワースポットと言われています。

その由来は、明治天皇がお体が弱くあまり外へ出られない昭憲皇太后のために作られ、9度も足をお運びになられたそうです。
明治天皇の想いがこめられたパワースポットと言われるようになります。

6月には花菖蒲が見られます。

明治神宮が代々木に造られた理由とは?

富士山や筑波山など、神聖な場所が候補地にあがりました。
わざわざ原っぱだった代々木に植林をしてまで、明治神宮を造った理由は、伊勢神宮と皇居の一直線上にあるからです。

古くから聖地をライン上に並べば、パワーアップすると言われ、レイラインとも言います。

ライン上には、富士山や大正天皇と昭和天皇の武蔵陸もあります。

これは、大正時代以降の繁栄を願った天皇の力を大きくする願いがありました。

東京オリンピックがある2020年には、創建100周年になります。

大御心(明治神宮のおみくじ)は、明治天皇と昭憲皇太后の2人が作られた短歌、全部で30がのせてあります。

『バイキング』(2015/10/13)放送より

まとめ

御苑の散歩道の話は、興味深かったです。

そもそも天皇とは、何をする人なのか、つい最近まで知りませんでした。

新嘗祭など、五穀豊穣や民のために平和を祈るのですが、天照大神の御霊をお招きする(一種の霊媒??)のだそうです。

昭和天皇など、天上の音がときどき聞こえてくることがあったそう。

それはともかく、明治天皇が、ワイン好きだったとは、驚きました。

おそらく普通の人がワインを飲むようになったのは、バブルくらいからだと思います。

ワインなんて、子供のころは赤玉ポートワインくらいしかなかったです。

関連ページ

マツコの知らない世界お守り447体!中津川昌弘の縁結び出世!経歴は?

 - 皇室

スポンサー

スポンサー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事