マダムブルーでも楽しくうららかな毎日のための情報

メタボで更年期でも、アンチエイジングにグルメ、エンタメとうららかな毎日のための情報です。

*

ココナッツオイル 固まるけど簡単な使い方と保存期間は?

      2016/02/03

最近、私は、ココナッツオイルよりも、もっぱらココナッツミルクで作るCOYOコヨばかり摂っています。

理由は、単純に美味しいからと、婦人科系疾患があるので、家ではあまり乳製品を摂らないようにしているからです。

今にして思えば、乳製品を多く摂っていたときは、生理痛も重かったように思います。

もちろん乳製品ばかりのせいではないと思いますが、今は前とくらべたらだいぶ軽いです。

そもそもココナッツオイルは、カロリーが高いので、摂取量には気を付けるようにしていて、コヨを食べるだけで、一日に必要なオイルは十分かなと思います。

ココナッツオイル 固まるけど簡単な使い方

そんなわけで、あまりココナッツオイルを摂らなくなったのですが、気温が下がったこともあり、ふとココナッツオイルを見ると、白く固まっています。

ココナッツオイルは、だいたい25度以下になると固まってしまうのです。

この固まった状態のオイルですが、使い方として、湯銭で溶かしたものをあらかじめ、製氷機に入れて、固めたものを使う方法があります。

でも、これはこれで、わざわざオイルのために、ちょっと面倒です。

そこで良いものはないかと思っていると、柳宗理のステンレス・サービスフォーがあった!
1019
これなら私の不器用な加減知らずでも、余裕で固まったココナッツオイルを削れます。

 

と思っていたら、手の伝わる熱伝導で、ストレスなく削られる『バターナイフ スプレッドザット』というのがあるのです。

これは、バターを塗るように使いたい人には、間違いなくおすすめです。

ココナッツオイル 保存期間は?

ココナッツオイルの魅力の一つは、90%が飽和脂肪酸なので酸化が遅く、何度固形から液体を繰り返しても、そのことで劣化することはないそうです!!

ただ注意しないといけないのは、水分が入ることを気を付ければ、2~3年は、もつと言われています。

揚げ物の場合は、揚げたときのカスを取り除いて、減った分をつぎ足しすれば、何度でも使えるとのことです。

ですが、一説には180度以上だと、体に有害とされるトランス脂肪酸になってしまうらしいので、加熱する際には、温度がはっきりしない環境では使わない方が良いと思います。

 - ココナッツ

スポンサー

スポンサー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事