マダムブルーでも楽しくうららかな毎日のための情報

メタボで更年期でも、アンチエイジングにグルメ、エンタメとうららかな毎日のための情報です。

*

更年期障害の情緒不安定?症状は?NPO法人メノポーズで電話相談

   

スポンサードリンク

こんにちは。
うらりんです。

幸いにして、ひどい更年期の症状はないのですが、よくよく考えると、ここ数年、女性ホルモンに良いとされる大豆製品、高野豆腐や豆腐などを、ほぼ毎日のように食べています。

ちなみに私は、マクロビオティックは、あんまり関心がないと言うか、玄米より、白米の方が、全然美味しいと感じてしまうので、ほどほどと思っています。

マクロビオティックは、100年前の農村の食事をベースにしていますが、情報過多な現代とは、情報量が段違いの生活をしています。

スイーツブームですけど、情報過多の社会で、ストレスを発散させるべくスイーツに向かうのではと思っています。

そんな中、たまたま仕事の関係で、かなりヒステリックになってしまったことがあり、その2日後の
朝、とにかく起きられず、力が入らないので、休むことにしました。

お昼くらいまで動けなくなるくらいになってしまい、さすがに焦りましたが、病院へ行くと、色々言われるのがわかっているので、ドラッグストアで、「命の母」を購入し、服用して、なんとか乗り越えました。

できれば、感情的になるような事は、なるべく避けたいですよね^^;

それと、よほどの事情がない限りは、この年代で、“環境を変える”のも、避けた方が良いかもしれません。

今の年齢で、時として、子供の学校の先生と不倫になる・・・

そんな類の話が、少なくないようですけど、これは、人生に何度かある“魔が指す”時期だったりするのだそうです。

周りに諭されたとしても、渦中にいると「この人とは、運命の人!」と思い込んでしまい、その後、とんでもない人生になってしまう人がいるそうです。

これを「はずす」と言うとか。

抑えられない感情や、どうしてもムリ!と思える状況に陥ってしまう時、更年期障害を対象としたNPO法人で、電話相談をしています。

ただ、時間が限られた時間ですが、とりあえずはき出す事で、気持ちがすっきりするだけでなく、解決の糸口になるかもしれません。

「NHKニュース おはよう日本」(2017年5月30日放送)より、まとめました。

更年期障害の情緒不安定?NPO法人で電話相談

 更年期障害の情緒不安定?症状は?NPO法人メノポーズで電話相談
東京都新宿区にある、NPO法人女性の健康とメノポーズ協会には、40代50代の女性から体調不良などを訴える電話がかかってきます。

52歳女性「だるくて動けないのがつらい」

46歳女性「休職と言うことも考えたのですが(辞めた)」

女性のライフスタイルが変化する中、これまで以上に、深刻な問題になっています。

たんに更年期障害と言うだけでなく、以前なら子育てが一段落した頃に、ゆっくり自分と向き合うことができていたのが、晩婚化が進んだことで、子育ての悩みや、介護の問題を抱えていたり、働き手として、バリバリやっていかないといけない。

4重苦と言う厳しい状況になっている人が少なくないそうです。

更年期は、閉経を前後に、女性ホルモンが急激に減る事により、気持ちや体調に変化が出ることを言います。

身体などの不調が、更年期と気づくことができず、何年も悩んでいた人もいます。

更年期障害とわからず長年苦しんでいたAさん53歳は、仕事をしながら4人の子育てをしてきました。

48歳のある日、突然めまいにおそわれ嘔吐をしてしまいます。

「ぐらぐらっときて、一人で歩けないような状況で、夫と息子にすがるような感じで、抱えてもらって病院へ行くと言う状況でした。」
脳卒中を疑い、救急外来へ行き、精密検査を受けますが、異常はありません。

めまいの症状から、耳鼻科を受診しますが、異常は見つかりません。

その後も、様々な症状に悩まされます。

食欲不振となり、内科へ。

また、股関節が痛くなり、整形外科へ受診しますが異常はなし。

両手の痛みでリウマチ内科へ行きますが、異常はありませんでした。

「この症状は何なの?私は、調子が悪いの」

「異常はない」ので、たいしたお薬も出るわけではありません。

仕事に育児や、親の看病などが重なり、ますます体調が悪くなります。

原因がわかったのは、症状が現れはじめ、2年半が経過した時でした。

健康診断のため、たまたま婦人科を受診をして血液検査をしたところ、70以上あれば安定と言われる、女性ホルモンの値が5以下と、ほぼない状態で更年期障害と診断されました。

不調の原因が、女性ホルモンにあるとは、思いもよりませんでした。

お産のときのトラブルもなく、つわりで苦しんだ思いもなく、ずっときていたので、婦人科系の病気は大丈夫じゃない?と思っていたそうです。

夫のBさんによると、更年期障害で苦しんでいた頃のAさんは別人のようでした。

急に怒り出したり、子供とつかんで殴り合いをしていたり、家事も子育ても十分にできないAさんを目の当たりにして、出口の見えない状態に入ってしまったのかと思ったそうです。

その後、Aさんは女性ホルモンを補う治療を行いはじめました。

女性ホルモンの張り薬を使いだしたら、つらかった症状がうそのように改善していきました。

「水やりを忘れたお花が、水をもらって起き上がってくる感じでした。」

NPO法人女性の健康とメノポーズ協会

スポンサードリンク

NPO法人女性の健康とメノポーズ協会では、電話相談をしています。

毎週 火・木曜日(AM10:30~PM16:30)※休祭日・8月・年末年始はお休み

専用電話03-3351-8001 ※受信のみ。FAX・メールによる相談は行っておりません。

また、こちらでは、リアルでメノポーズ・カフェ(語り合いの集い)が定期的に、開催されています。
参加費は無料ですが、茶菓(300円)を召し上がりながらのお話し合いとなります。

場所が、変わるようなので、確認してください。

毎月第1月曜 午後2時~4時 開催

メノポーズカウンセラー

NPO法人更年期と加齢のヘルスケアでは、メノポーズカウンセラーと言う民間資格をとった人たちで勉強会を行っています。

更年期の症状や治療法をしらせるフリーペーパーを発行しています。

医療機関だけでなく美容サロンにも置いています。

長い人生を生き生きと過ごすため、更年期に対する正しい知識が、欠かせないと考えています。

更年期を過ぎても、閉経が過ぎても40年、50年と生きていかないといけない時代です。

いかに早く準備をするか。

体の変化に自覚的であるかどうかで、その後の人生が大きく変わってきます。

更年期障害の症状

口のかわき、のどのつかえ、動悸、息切れ、息苦しさ、不眠、不安感、パニック感、イライラ感、ふわふわ感、腰痛、
生理不順、膣炎、性交痛、トイレが近い、関節痛、筋肉痛、足のしびれ、骨量の減少、肩こり、頭痛、頭重、めまい、耳鳴り
物忘れ、集中力の低下、疲労感、無気力、のぼせ、ほてり、発汗、胃もたれ、食欲不振、吐き気、知覚過敏、手のしびれ、手のこわばり、指のこわばり、便秘、下痢、皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ、湿疹、粘膜の乾燥、粘膜のかゆみ、脂質異常、血圧不安定

まとめ

あらためて更年期障害の症状を見ると、確かに「のどのつかえ」あります。

乾燥のせいなのかと思っていたのですけど、これも更年期障害の症状だったんですね。

漢方とかで対処できそうな気もしますが、そこまででないかな?

一番良いのは、まめに婦人科で検診をするのが良いと思います。

スポンサードリンク

 - 更年期

スポンサー

スポンサー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

小林麻美さん表紙のクウネル2017年5月号買った感想とホットフラッシュ^^;
亜麻仁油が売れているのはワケがある認知症だけでなく更年期にも良い?
ホルモン補充療法の副作用が不安それに骨粗鬆症は大丈夫??
ホルモン補充療法の副作用が不安それに骨粗鬆症は大丈夫??
生田悦子の経歴と結婚・夫は?今は更年期うつの闘病で白髪?若い頃
生田悦子の経歴と結婚・夫は?今は更年期うつの闘病で白髪?若い頃
05023
更年期障害に良い食材?ざくろソースで春菊のサラダ
エクオール産生菌を作れない人のレシピ作り方?更年期障害が病気!
エクオール産生菌を作れない人のレシピ作り方?更年期障害が病気!
岸恵子さん小説「わりなき恋」70代の恋愛と死生観を描いたワケ
岸恵子さん小説「わりなき恋」70代の恋愛と死生観を描いたワケ
橋下病とは簡単に症状は原因?代謝の低下言葉がでない?のどの違和感
橋下病とは簡単に症状は原因?代謝の低下言葉がでない?のどの違和感
更年期障害で睡眠障害不眠も症状!ホルモンバランスヨガ?松居直美は?
更年期障害で睡眠障害不眠も症状!ホルモンバランスヨガ?松居直美は?
メイソンジャーサラダお弁当に、その食べ方どうする?