マダムブルーでも楽しくうららかな毎日のための情報

メタボで更年期でも、アンチエイジングにグルメ、エンタメとうららかな毎日のための情報です。

*

物忘れの原因と対策!血糖値コントロールで認知症?ためしてガッテン

   

スポンサーリンク

こんにちは。

うらりんです。

毎日の日常で物忘れがひどくて、どうすれば良いのかかなり悩んでいました。

物忘れに良いかなと、オメガ3を適度に摂っていますが、それだけでは、別段効果は感じません。

何か良い方法はないかと思っていたところに、「ためしてガッテン」(2018年5月23日放送)で、物忘れと認知症対策が紹介されていたのでまとめました。

スポンサーリンク

物忘れの原因と血糖値の関係!

物忘れの原因と対策!血糖値コントロールで認知症?ためしてガッテン
血液検査で、物忘れに関係するところは、血糖値です。

血糖値(グルコース)83 69~109mg/dl

HbA1c 5.1 4.6~6.2%

Aさん78歳は、5年前から物忘れがひどく悩んでいました。

Aさんが良く物忘れをするのは、買い物や約束の物忘れ。

店の前で買うものを忘れてしまったり、友達との約束を忘れてしまったりする事が増えたんです。

「自分が、自分を信じられないっていうか。おっかないと言うか。変な気持ちになった事はあったね。

ちょっと、これはボケの始まりかなと思った。」

心配になり主治医にAさんは相談します。

すると、医師のアドバイスは、「甘い物を食べない」でした。

と言ってもAさんは、甘い物を絶対食べないワケではありません。

今まで、1個食べていたのを、半分にしたり、料理の中もお砂糖を使わない。

甘い物を減らして4年になりますが、物忘れが減り、それは家族も実感しています。

孫のBさんによると、前は近所の人と体操に行くとか、お茶を飲むとか約束をしても、自分で忘れていたりしていたのが、知らぬ間に治っていた。

Cさん90歳は、10年ほど前から、薬の飲み忘れや、用事を忘れてしまう事が増えました。

ところが、Cさんも甘い物をひかえ、糖質の多いごはんの量を少なめにしたところ、物忘れが減ったそうです。

AさんとCさんに共通するのが、

甘い物をひかえて、血糖値を下げることで物忘れが改善されたのです!

血糖値と物忘れの間に、密接な関係があると様々な研究で報告されています。

カナダのマックマスター大学のハーツェルガースティーン医師によると、血糖値が高い50代~60代の男女3000人を対象に脳の様々なテストを実施しました。

すると1~2か月の血糖値を示すHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)が1%高くなるとテスト成績が1.75ポイント低下する。

つまりHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)が高い人ほど、テストの結果が良くないのです。

こうした記憶力の低下は、糖尿病患者に限りません。

ちょっと血糖値が高いくらいでも起きます。

気づかないうちに認知機能は、確実に落ちているんです。

血糖値が高くなると物忘れしやすくなるのは、今、世界の研究で明らかになりつつあります。

スポンサーリンク

血糖値測定センサー

一方で、脳みそは糖分がないと回らないとも言います。

矛盾しているようですが、糖分を必要としている人もいます。

将棋の世界では、おやつタイムが欠かせません。

対局時間が8時間も及ぶので、10時と午後3時におやつの時間があります。

羽生善治さんはケーキ派です。

加藤一二三さん藤井聡太さんはチョコレート。

ブドウ糖50gの入った水を飲んで何もしないでボーっとしているときの変化を見てみると、ブドウ糖を摂取してからおよそ45分でピークに。

家庭で簡単に使える血糖値測定センサーはこちらで買えます。

その後、ゆるやかに下がっていき、およそ2時間で元の値に戻りました。

今度は、ブドウ糖を飲んで、頭をフル回転する実験をします。

記憶力テスト:文を読みながら単語を覚える。

結果は、テストを始めたのはブドウ糖を飲んでから30分後に始めた途端、血糖値が急降下したんです。

30分後、テストが終了しますが、その後、血糖値はなだらかになり、2時間後、元の値に戻りました。

血液中の糖が脳で消費されたと、考えられます。

糖分は取りすぎると、物忘れがひどくなります。

糖分がないと、生きていけない上に、補充もちゃんとしなければならない。

血糖値が高い人の脳では、不思議なことがおきています。

糖が体のどの部分で使われているか調べてみると、全身で脳がかなり使っている事がわかります。

脳は、1日糖を約100g消費しています。

血糖値が高い状態が長く続いている人の脳を見ると、通常の脳とくらべて糖の取り込みが悪くなっています。

血糖値は高いのに、脳は不足に陥っている。

血糖値が高めの人は、脳にたっぷり糖があるはずなのに、なぜか脳は、糖を取り込みずらい状態に。

しかも、記憶をつかさどる海馬の周辺で、糖不足が起こるのです。

この謎の現象を引き起こすのが、血液中に流れるインスリンです。

甘い物を食べると消化されて、血液中に糖が出て血糖値が高い状態になります。

この糖をエネルギーとして、使ってくれるのが、体の中の各細胞です。

助けてくれるのが、すい臓から出るホルモンのインスリンです。

このインスリンが、細胞に糖があるから取り込んでくれるよう指令します。

その事で血液中の糖は減り、血糖値が下がります。

神奈川県の湘南ホスピタルで広島大学教授でもある鬼頭昭三医師90歳は、現役の医師で、毎日入院と外来を合わせて30人以上の患者さんを見ています。

http://www.shohos.org/

鬼頭先生は5年前に、発表した研究が世界で注目を集めました。

ねずみを使った記憶力の実験です。

水をはった中に高台を設定し、そこへたどり着くまでの時間を計測します。

同じ試験を繰り返し高台の位置を覚えて、どれだけタイムを縮められるかを調べました。

特集な脳でインスリンが効かないねずみをプールに放してみると。

13分かかって到達します。

その後、1週間ほどのテストを繰り返すと、5分まで縮まりましたが、なかなか高台の位置を覚える事ができません。

この記憶力の悪いねずみに、たった1回、脳にインスリンを注入します。

同じ実験を行うと、わずか11秒で到達!

記憶力が劇的にアップしまたのです!

鬼頭先生によると「我々の記憶を良くする物質は、我々の体の中で作られています。」

ところが、血糖値が高い状態が続くと、このパワーが脳まで届かないのです。

スポンサーリンク

糖をとりすぎると人間の脳は、どうなっているのか?

血糖値が高い状態が続き、甘い物を摂りすぎると、体中に糖があふれます。

血液中にたくさんの糖がある状態になります。

実は、この状態は、体にとって危険な状態です。

放っておくと、毛細血管が次々にダメになってしまいます。

そこでがんばってくれるのがインスリンです。

インスリンがたくさん出て、糖を細胞へと送り頑張ります。

ですが、このときインスリンは、体の糖を優先するので、脳の一部が糖不足になります。

糖が頭の血管にもたくさん、同じように運ばれているのですが、頭にインスリンが来ないと、脳のたくさんの細胞が、糖を取り込んでエネルギーにすることができません。

脳の中でも、とくに必要とする記憶の部分で、そのダメージが最も顕著に出ます。

物忘れが続くのは、血糖値が高めが続くからです。

血糖値の高めが続いて何が悪いかと言うと、インスリンが大活躍。

頭にインスリンが行かなくなるのは、脳がインスリンが足らなくなるから。

インスリンが足らないと、脳が糖不足になります。

物忘れのタイプ

アレアレアタイプ

「ほら、あれだよ。あれ!」覚えているのに名前が出てこない。

すっかり抜け落ちタイプ

目的地に言ったけれど、何をするのか忘れてしまう、すっかり抜け落ちタイプ。

高血糖が原因でおきる物忘れで多いのは、「すっかり抜け落ちタイプ」

物忘れしやすさチェック!

脳が糖不足になっていないかどうか、目安を知る方法があります。

くすりを飲み忘れるなど、察知するために、できるかぎり認知機能を検査します。

1分間でできるかぎり、動物の名前を言えるだけ言う。

この動物テストでは、だいたい14~15個言えるのが正常です。

※目安でありそれ以下の人が即危険というわけではありません。

若い人ほど、たくさん言え、年をとってくるほど言えなくなる。

動物の課題なので、動物に得意な人と得意でない人がいるので、一概に動物テストだけで評価することはできないのですが、例えば果物であれば、果物が得意であれば、もっと言えるかもしれない。

そういう場合もあります。

例えば、犬、猫と言って、最初、犬っていったかどうか名前を憶えていられるかがポイントです。

言うのではなく紙に書く場合は、それがわかります。

いったかどうか思い出すのは、作業記憶です。

作業記憶は、一時的に覚えておくために使う記憶力です。

台所に行って「あれ何を取りに来たっけ?」これが、まさに作業記憶です。

作業記憶こそが、血糖が高い状態だと影響を受けます。

記憶の低下として、出てきます。

血液検査表のHbA1cの値を見て(1~2か月の平均の血糖値)

65歳未満の場合5.7%以上は注意 生活習慣の見直しをしてください。
(65歳以上の場合6.2%以上)

食後の血糖値は普段の健康診断では測りません。

ご飯を食べた後、2時間後の血糖値が140g/d以上だと、脳でインスリンが十分機能していない可能性があります。

すでに、血糖値が高い人は、専門の病院に相談してください。

自宅で、調べられるのがこちらです。

血糖値と認知症の関係

アルツハイマー病と血糖値は、かなり関係しています。

体の中で、インスリンが消費されてしまいますから、脳へインスリが行かなくなる。

脳の神経細胞が、インスリンの働きが悪くなってくる。

作業記憶の低下が生じるので、神経細胞がダメージを受けて崩壊しているわけではありません。

食事のコントロールで良く成りうるんです。

ところが、こういう状態が何年も続くと、やがては神経細胞も死滅して、脳のダメージが完成してしまう。

そうすると認知症、不可逆的な病態まで発展してしまいます。

可逆的な血糖が高い段階で、どういった血糖をコントロールできるかがポイントです。

インスリンを人の頭に直接、注射できるのは今はありませんが、海外ではインスリンを吸入する治療が、認知症の治療として、臨床試験されていて、ある程度の効果が出ています。

インスリンを鼻から吸入すると、海馬と言う耳の奥にあるところへダイレクトに到達します。

海馬は、インスリンの作用を最もよく受けなければならない細胞です。

そこでインスリンの細胞が低下して、認知機能が低下するので、インスリンを直接鼻から吸入することで、海馬の神経細胞が活性化され、記憶が改善するのです。

食事の仕方、食事の量、種類と運動です。

運動は、インスリンの働きを高めます。

それをうまくやって糖質と関係した認知症予防には良いです。

そういう臨床試験がされています。
※インスリンを使った認知症治療が海外で臨床試験中
(日本では行うことができません)

対策は?

自分のインスリンを脳に届きやすいようにすることです。

新潟県魚沼市は10年前から町ぐるみで糖尿病対策を実施しています。

食事を学ぶ市民講座や、高齢者を対象として運動教室を開いています。

1.週2~3回の有酸素運動
座ったままでもできる少し汗ばむくらいの体操です。

2.ご飯は1回につき100gまで。

3.食べる順番は、野菜を先に食べます。

これだけで血糖値が上がりすぎるのを防いでくれます。

※糖尿病の人は、自分で判断せず、医師と相談してください。

血糖値が気になる人にオススメがDHCの桑の葉エキス!

冒頭のAさんとCさんは、高血糖と共に認知力の低下、認知症の予備軍である、MCI(軽度認知障害)に当たると診断されていました。

ところが、その後、血糖が下がると認知力がアップしたのです。

MCIになると5年で認知症になる人が半分になると言われています。

桑の葉のお茶もオススメ!

まとめ

物忘れがひどくて困っていたのですけれど、確かに糖分摂りすぎなんです。

朝から甘い物は、下手すると切らす事はないくらいで、かなりマズイと、さすがに思いました。

糖尿とか、実は検査していないのですが、相当ヤバイはずです。

自称健康オタクとは言え、どうしても甘い物がやめられなかったのですが、物忘れや、肌の老化を実感しているので、ひかえるようにしよと思いました!

スポンサーリンク

 - 健康

スポンサー

スポンサー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スーパー緑茶のエピガロカテキンで免疫力アップ抽出方法と量
スーパー緑茶のエピガロカテキンで免疫力アップ抽出方法と量
ためしてガッテン 泡コーヒーフラッペの作り方とインスタントコーヒーは調味料?保存は?
酸化悪玉コレステロールに鮭缶サケ缶料理とリコピンのレシピで効果?
ためしてガッテン糖尿病を腸のスイッチで体質改善する
ためしてガッテン糖尿病を体質改善!腸のスイッチふやそう!!
ピカ子が前立腺がん?原因は偏った食事やお酒?検査や治療法は?
尿管結石の痛みはいつまで続く?時間帯と期間間隔は場所は変わる?
リファアクティブブレインリファの美容ローラー賀来千香子メレンゲの気持ち
薬剤耐性菌をわかりやすく原因は?代表的な例は?抗生物質は減るかも!
ためしてガッテン白内障は目のアンチエイジングケア
ためしてガッテン白内障は紫外線が大敵!目の老化アンチエイジング早期発見!
シラジット フルボ酸の効果効能と副作用?がんに?飲み方とiheb!
シラジット フルボ酸の効果効能と副作用?がんに?飲み方とiheb!
ミス・ユニバースの丸秘ビューティーキャンプとは?1日6食?
下痢の原因は牛乳の乳糖?パン食のフルクタン?胆汁なら朝食後になる?
酢しょうが黒酢で生活!関根勤とモモコあさりご飯!サタデープラスおすすめ作り方
ためしてガッテン胆石より胆のうがん胆管がん痛みや検査は?見分ける方法
ためしてガッテン胆石より胆のうがん胆管がん痛みや検査は?見分ける方法