マダムブルーでも楽しくうららかな毎日のための情報

メタボで更年期でも、アンチエイジングにグルメ、エンタメとうららかな毎日のための情報です。

*

ためしてガッテンビタミンパワーで死なない効果3倍?美容は?

      2015/06/24

ビタミンA、ビタミンB1、B2と今まで、ビタミンの発見、研究で貢献した人でノーベル賞をとった人は25人います。
『ためしてガッテン』(2015/6/17放送)では、ビタミンを効率よくとる、とっておきのワザをご紹介します。

ためしてガッテンビタミン

2003年、55年ぶりに日本人が新しいビタミンPQQを発見したと、世界中の注目を集めました。

理化学研究所の笠原和起さんが、発見者なのですが、PQQは、野菜などに多く含まれていて、必須アミノ酸の代謝に関わっているのではと注目されました。

これで、ノーベル賞獲得では?と思うのですが、実はPQQは、ビタミンとしては認められていないのです。

ビタミンの定義は、人が生きているために、必ずとらなければならない栄養素です。
そのことが世界中の研究で確かめられなければ、ビタミンとは認められないので、「ビタミン」と名前がつくのは、かなりハードルが高いそうです。

ビタミンCの衝撃

ビタミンCというと、美肌効果やかぜ予防に良いと言われていますが、なんと「死なない効果が3倍!」という発見があるのです。

まず、ビタミンCの効果に期待する第一位は、美肌です。

どの専門書を見ても、ビタミンCの重要な働きに、お肌をぷるぷるさせるコラーゲンの合成があるとあります。

ところが、以前ガッテンでは、通常の15倍、毎日1500mgのビタミンCを1ヶ月間とって、コラーゲン量の変化を分析しましたが、結果は、ビタミンCをたっぷりとってもお肌のコラーゲンの濃度は、変化しませんでした。

美肌に関しては、コラーゲンの合成や、しみの予防が謳われています。

確かに効果はあると考えられていますが、ただビタミンCをどれくらい摂ったら、その効果があるのか、ちゃんと突き詰められていないので、研究中なんだそうです!!!

そして、ビタミンCの効果に期待する第二位は、かぜ予防です。

国立がん研究センターで、津金昌一郎さんの研究によると、300人を対象に通常の5倍のビタミンCを毎日500mgを飲み続けてもらうという調査を行いました。

5年間行った臨床試験の結果では、かぜの発症頻度が抑えられるということがわかり、この調査期間で、かぜをひく人の割合が、1/3に抑えられたそうです。

ところが、2013年、フィンランドで行われたビタミンCのかぜ予防に関する論文を、世界中から集め検証した結果、衝撃的な結論が出たのです!
それは、通常ビタミンCの摂取では、かぜの発症予防効果は、確実ではないと言うのです。

そんなバカな、と思ってしまいますよね。

今まで、言われていたことは、なんだったのでしょう。

「死なない効果が3倍に」

死なない効果が3倍というのは、どういう事かと言うと、心臓の病気や、血管の病気の死亡率のことです。

動脈硬化や、狭心症、心筋梗塞、大動脈瘤、心臓血管系の疾病予防に、効果が期待されます。

1日のビタミンCを50mg摂る人を1として、1日100mg摂る人は、どれくらいの死亡率かというと、1/3になりました。

体の中では、どうしても発生してしまう活性酸素があります。

活性酸素が血管の細胞に加わると、細胞を傷つけてしまう、言わば猛毒となり、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの原因になりますが、この恐ろしい活性酸素を打ち消してくれるのが、ビタミンCです。

ビタミンCは、活性酸素を打ち消すたびに、どんどん使われるので、摂る量が足りなければ、その働きは追いつきません。

実は、調査によると、日本人はビタミンCを足りていない人が多いのです。

そこで、

・取り方で40%損をしないワザ。
・野菜のビタミンCを2倍に増やすワザ

をご紹介です。

ビタミンCは、「とり方」によって、上手にとらないとおしっこになってしまうんです。

空腹時にビタミンCを摂ると、すばやく吸収されてしまいます。

一度に多量のビタミンCを保持できないので、余分に入ってきたものはすぐに尿となって出てしまいます。

ところが、食後にビタミンCを摂ると、食べ物と一緒に、ゆっくりゆっくりと胃から腸へと進んで、腸でゆっくりゆっくり吸収され、使われた分を補うことができるのです。

食後の果物は、ビタミンCを効率的にとれ、サプリメントも、食後が良いでのす。

一方で、ビタミンCは、加熱をすると失われやすいと言われます。

例えばブロッコリーは、生だと120mgあるものが、ゆでることで54mgに減ってしまいます。

ところが、野菜のビタミンCを増やすことができると、常識を覆す研究を発見したのです!

それは、野菜を切って放置するだけで、ビタミンCがアップするんです。

例えば、じゃがいもの皮をむいて、切って2日間常温の25度で、放置するだけでビタミンCが2倍!

植物はビタミンCを自分で作ることができますが、太陽の紫外線を浴びると、活性酸素が生まれます。

大量のビタミンCをせっせと作って、対抗しているんです。

実は、切られることでも同じように活性酸素が生まれますが、体を守るために、ビタミンCを増やしていると考えられます。

日が経って酸っぱくなるのは、そういうことだった!?
酵素とは逆の働きをしているみたいですね。
ジャーサラダが、5日間持つと言われていますが、納得です!!

小松菜のおひたしガッテン流

ガッテンは、小松菜を茹でません。

小松菜を切って、袋へ入れて、冷凍します。
解凍して、袋から出すだけです。
ビタミンCの量が、ゆでたとき28mgなのが、冷凍したものだと46mgと約1.6倍も増えているんです!!

ブロッコリーは、一株分をフライパンに入れ、水を1カップ入れフタをして強火で加熱します。

3分ほどで、水分がなくなったら出来上がりです。

茹でるより、味が濃くなり美味しくなる上に、ビタミンCは茹でた場合の2倍!!

冷凍おひたしは、小松菜のほかに、白菜、キャベツなどでもOK!です。

ブロッコリーは、他の野菜でもできます。

ここで、肉食のライオンのエサは、お肉だけですが、実はライオンや、犬、猫などの動物は、体内でビタミンCを作ることができるんです。

ビタミンCを食べ物から摂らないといけないのは、人のほかにチンパンジー、ゴリラなど一部の動物だけなんだそうです。

国家戦略として投与されているビタミンがある

実は、知らず知らずに、国が国民に摂らせているビタミンがあるんです。

日本人が、どれくらいビタミンを摂らないといけないのか、その基準を決めている、日本ビタミン学会の柴田克己教授の話では、

その、国家戦略として投与されているビタミンとは、ビタミンB1なんです。

通常、ビタミンB1は、疲れに効くビタミンとして栄養ドリンクの正に主役です。

うなぎに豊富に含まれていて、夏バテ予防に良いと言われていますが、このビタミンB1は、日本人に不足していると言われています。

そこで、ビタミンB1不足にならないような対策を講じているのです。

例えば、あのインスタントラーメンには、メーカーの努力で、ビタミンB1が添加されているんです。

それ以外にもビタミンB1は家庭の食事だけでは、不足しやすいので、学校給食摂取基準に基づいて、1日の40%補えるようビタミンB1をご飯に混ぜ、提供しています。

ビタミンB1の摂取量が減ると、心配されるのが、脚気です。

手足がしびれたり、神経障害や心不全になると言われています。
動悸や息切れ、やがては心不全となって、命の危険になります。

脚気なんて、昔の病気かと思いきや、今でも1日の総患者数は、2000人です。

特に夏場は、汗でビタミンB1が失われるんです。

ビタミンB1を効率良くとるおすすめが

豚キムチ

豚には、ビタミンB1が豊富ですが、ニラ、たまねぎ、にんにくなどに含まれるアリシンと一緒にとることで、吸収が高まりまるんですよ。

ノーベル生理学・医学賞ヘンリク・ダム博士が発見したビタミンKとは?

赤ちゃんに不足しているビタミンと言われ、産まれてすぐの赤ちゃんには、ビタミンKのシロップを与えます。

なぜかというと、ビタミンKには骨をかたくする作用があるのですが、赤ちゃんが狭い産道を形を変えて出てくるため、少し骨がやわらかくないと出てこないのです。

お腹の中にいる間は、胎盤を通して、様々な栄養が赤ちゃんに運ばれますが、骨を硬くする働きのビタミンKは、通過できないようになっています。

そこで、産まれたばかりの赤ちゃんに、ビタミンKを与えるのです。

また、ビタミンKは、骨を硬くするので、骨粗しょう症の薬に使われているんです。

また、骨折が多い地域、とくに関西より西の方面では、その要因として納豆を食べないことではないかと、考えられています。

納豆のビタミンKの含有量は、1パック50gあたり、300μgで、これは骨粗しょう症の予防とガイドラインの推奨量250~300μgの1食分で軽くクリア。

また、納豆を食べることで、腸の中で納豆菌が、ビタミンKを作ってくれるのです。

納豆がどうしても食べられない人は、緑の濃い野菜がおすすめです。

植物はビタミンKを葉緑素の部分で作るので、なるべく外側の緑の濃いところを食べるようにすると良いです。

まとめ

個人的には、ビタミンC美容液を使うと、にきび跡の赤みが消えるので、それなりに効果は感じています。

もっと良いものがあれば、毛穴も小さくなるのではと思うのですが、コラーゲンの合成に、どれくらい必要なのかということが、はっきりするようになったら、毛穴の悩みも消えるだろうし、今よりもっと、若返る人が増えるのではと思うので、ビタミンCの効果は、これからも期待したいです。

 - 健康

スポンサー

スポンサー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

イミキモドクリーム赤いシミと茶色いシミ冬の日焼け対策は?
スロージョギング 皇后様も実践!脂肪燃焼が2倍になる?効果と時間は?
藤崎奈々子さんを襲ったチョコレート嚢胞とは症状と現状
0429
卵子の老化に高齢出産不妊治療に卵子精子のエイジングケアサプリ
マインド食とは日本人にも?チーズ?アルツハイマー型認知症ガッテン
マインド食とは日本人にも?チーズ?アルツハイマー型認知症ガッテン
ユーグレナなぜ東大?摂取量パラミロンサプリメントおすすめは?
ユーグレナなぜ東大?摂取量パラミロンサプリメントおすすめは?
亜麻仁油が売れているのはワケがある認知症だけでなく更年期にも良い?
尿管結石の痛みはいつまで続く?時間帯と期間間隔は場所は変わる?
尿管結石の痛みはいつまで続く?時間帯と期間間隔は場所は変わる?
メレンゲの気持ち高嶋政宏おすすめニーム茶ユーグレナ?虎萬元
メレンゲの気持ち高嶋政宏おすすめ轟太鼓あられユーグレナ?虎萬元
便移植便バンクとは?その原因腸にあり潰瘍性大腸炎と便秘ストレッチ
粉豆腐くびれ名医の健康法ベスト5サタデープラス作り方
ためしてガッテン糖尿病を腸のスイッチで体質改善する
ためしてガッテン糖尿病を体質改善!腸のスイッチふやそう!!