デイヴィッドロックフェラージュニアの年齢や経歴をwiki風で!

デイヴィッドロックフェラージュニアの年齢や経歴をwiki風で! 海外
スポンサードリンク

ロックフェラー家第4代当主デイヴィッドロックフェラージュニアについてまとめました。

デイヴィッドロックフェラージュニアの年齢は?

デイヴィッドロックフェラージュニアは1940年7月24日生まれです。

2021年10月現時点で80歳

デイヴィッドロックフェラージュニアの経歴をwiki風で!

デイヴィッドロックフェラージュニアは、アメリカの船乗り、慈善家、ロックフェラー・キャピタル・マネジメント・ディレクター、非営利および環境分野での積極的に活動をしています。

彼はデイヴィッドロックフェラーとマーガレット “ペギー”マクグラスの長男です。

彼はニューハンプシャーのフィリップスエクセターアカデミーに通い、ハーバード大学とハーバードロースクールを卒業します。

ボストン交響楽団で数年間働いた後、国立芸術基金と国立公共ラジオの理事を務め、現在ではMoMA(ニューヨーク近代美術館)やメトロポリタン美術館のサポートを行っています。

1960年代後半から不動産関係に携わります。

2001年、ジョージソロスやウォーレンバフェットなどの支援を受け、相続税と贈与税を廃止しないようにアメリカ議会に促す署名をしています。

2017年3月20日に父親のデイヴィッドロックフェラーが亡くなった後、彼は当主になりました。

ついでに

まとめ

ロックフェラー家の財産は、スタンダードオイルの石油事業から生まれました。

金持ち三代続かずと言われますが、現在250人の親族がいるロックフェラー家では、世代を超え家族の価値観や慈善活動により、信頼することで財産を保持しています。

ロックフェラー財団、ロックフェラー兄弟財団、デイヴィッドロックフェラー基金を含むさまざまなファミリー財団は、合わせて50億ドル以上の寄付金を行っています。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました