ハーゲンダッツ バタースカッチとは?食べた感想と気になるカロリーは?

グルメ
スポンサードリンク

こんにちは。
うらりんです。

ハーゲンダッツから、期間限定でクランチークランチ『マカデミアバタースカッチ』が発売されました。

バタースカッチと聞くと、明治のCHELSEA(チェルシー)で、バタースカッチ味がありますよね。

なんだか懐かしい響きもあって、早速、買って食べてみました☆

ハーゲンダッツ バタースカッチとは?食べた感想と気になるカロリーは?

同じ日に、キャラメルトリュフが発売されましたが、さすがに糖分の摂りすぎになるので、クランチークランチだけです^^;

そもそもバタースカッチとは?

 

バタースカッチまたはバタースコッチとも言い、その起源ははっきりとわからないそうですが、1817年にイングランドのドンカスターでサミュエル・パーキンソンがバタースコッチbutterscotchの製造を開始した時、初めて用いたそうです。

明治のチェルシーによると、高温で煮詰める(Scorching=スコーチング)から来ているとのこと。

バタースカッチは、主に赤砂糖とバターを材料とし、それ以外に、コーンシロップやクリーム、バニラ、塩などを加え、加熱したあと、冷やして固めたものです。

よく似た材料で作られるものに、トフィーがあります。

引用:Wikiより

スポンサードリンク

ハーゲンダッツ バタースカッチ食べた感想は?

箱から出してみると、あれ小っちゃい??

ハーゲンダッツ バタースカッチとは?食べた感想と気になるカロリーは?

クリスピーサンドが60ml、クランチークランチは80mlなので、大きいはずなんだけど、なんだか小さく感じました。

表面をバタースカッチソースでコーティングしています。

パリパリとした食感と、マカダミアナッツの香ばしさが、満足感を添えてくれます。

どうしても明治のチェルシーが頭にあるのですが、バタースカッチと言っても、ハーゲンダッツならではの、それほど甘くなく、もちろん歯にくっつくこともありません。

アイスの中には、バタースカッチソースが入っていますが、もう少し入れてくれたらなぁ~と言う印象です。

ハーゲンダッツ バタースカッチ気になるカロリーは?

容量 60ml
カロリー 250kcal
たんぱく質 2.4g
脂質 16.6g
炭水化物 22.6g
ナトリウム 26mg
カルシウム 76mg

価格は、消費税込み294円

なんだかんだと言って、明日また食べちゃいそうです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました