スポンサードリンク

ちまたには、いろんなヨガがあるんですね

情報過多で、頭がパンパンになっている人も少なくないと思いますが、情報社会で、自分の軸をブレずに保つのは大切なので、そんな自分軸を保つために、ヨガは一つのツールかもしれません。

ですが、本格的にヨガをやろうと思うと、慣れれば良いですが、忙しい合間となると、敷居が高かったりします。

そんな中で、椅子を使ってできる椅子ヨガが話題になっています。

ちょっとした合間にできたら、いいですよね。

椅子ヨガのインストラクターとして活躍している、山田いづみさんについてまとめました。

スポンサードリンク

山田いずみ椅子ヨガインストラクター年齢やFacebookは?

名古屋市出身

幼少期から曽祖母、祖父母、両親、兄弟3人という多世代の家庭で育ちます。

体育大学進学後、モデルとして活躍。

22歳で上京とのことなので、30代半ば?

正確な生年月日はわかりませんでしたが、わかり次第アップします。

デイサービスに勤務していたこともあります。

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
チョプラセンター認定 瞑想ファシリテーター
マクロビオティックスクール・リマ 師範科修了
自然療法研究家

ヨガウェアSuriaのパンフレットにも出ています。

運動指導員として介護予防にも携わっています。

2008年、祖母がヨガで心身共に元気になっていくのを目にして、シニアヨガを多くの人に知ってもらうためにインストラクターの資格を取得し、シニアヨガインストラクターとしてリハビリ施設などでヨガ教室を実施しています。

介護の経験から、体が硬い人や痛みがある高齢者でも体を動かしやすいヨガを考案していて、椅子で行う「チェアヨガ」をオフィスなどに普及させる活動をしています。

「脚が痛くて曲げられない」とか「脚がまっすぐに上がらない」という人でも、無理なくできるように考えられています。

ポイントは、座ったままできること!

山梨県 北杜市(ほくとし)在住

山田いずみ公式サイト

山田いずみfacebook

誰でも 椅子ヨガ(チェアヨガ)―いつでも どこでも 体をリセット (NHKまる得マガジン)

無理なく続けられることが一番です。

座ってできる! シニアヨガ (講談社の実用BOOK)

椅子ヨガは、海外で始まったようです。

Do Chair Yoga and Feel Good Again: All the Benefits Without the Floor

山田いずみモデル?

10代の頃よりノンノやモアなどモデルとして活躍し、体型維持のためにヨガを始めます。

まとめ

年を重ねると、気持ちも体もコチコチになってしまいます。

ヨガといと、若い人向けのように思いますが、高齢者が椅子に座ってもできるように考えられています。

動かないと筋力が落ちて、ますます行動範囲も限られてしまいますが、少しでも筋力をつけて、人に頼らず行動できるのは誰しも目標だと思います。

しかも、体が柔らかいと、気持ちや頭も柔軟でいられるので無理なく取り入れたいと思います。

スポンサーリンク
[ad#urara_ad]

スポンサードリンク