加藤タキの白髪(グレイヘア)の理由とは?実はウイッグなの?画像!

スポンサードリンク

婦人解放運動家として、また日本初の女性国会議員として104歳まで人生を全うされた加藤シヅエさんの娘の加藤タキさんは、年齢不詳なくらい颯爽とした大人の女性の一人です。

テレビで拝見する加藤タキさんは、いつもグレイヘアでキレイですが、28歳で離婚をした時から白髪の悩みが始まったそうです。

「徹子の部屋」(2019年12月12日放送)に出演しますが、グレイヘアの理由や若い頃についてまとめました。

加藤タキの白髪(グレイヘア)の理由とは?

加藤タキさんは、37歳で建築家の黒川雅之さんと再婚し42歳で長男を出産しますが、やはり40過ぎてからの出産は、体力的に厳しかったのか、育児に追われたことで白髪(グレイヘア)にしました。

持てるエネルギーは、全て子育てに費やしたかったのかもしれませんね。

生まれてきたお子さんは、自然と受け入れたとしたら、偉いなあと思います。

28歳の時、白髪が目立つようになりますが、そのころは月に1度、美容室で染めていましたが、当時の染料剤で髪が痛むようになったそうです。

加藤タキの白髪(グレイヘア)実はウイッグ?

加藤タキさんのグレイヘアは、全て天然なのかと思っていたら、黒髪と白髪のバランスを考えたウイッグを使用したスタイルを、帽子と同じ感覚で取り入れています。

ハイネット

ネット仕立てで、簡単に手でほぐしてスタイルを決め楽しんでいるそうです。

真っ白の時は、自毛なのかもしれません。

加藤タキの白髪(グレイヘア)

加藤タキさんのグレイヘアというか、みごとなシルバーヘアという感じで、全然違和感がありません。

グレイヘアと言っても、よく手入れされているので、髪につやがありますし、きちっとした印象です。

どこのシャンプーを使っているのか調べてみると、ロレアルの「ケラスターゼ」のシャンプー、洗い流さないトリートメントを使っています。

白髪が黄色くなると汚く見える時は、ロレアル セリエ エクスパートのシャンプーを使い補正するのだそうです。

グレイヘアは、染めない分、お金がかからないと言われていますが、普段のお手入れは気を使われているのですね!

加藤タキのプロフィール

1945年に、母の加藤シヅエが48歳、父の加藤勘十が53歳のときに東京都で生まれます。

小中は森村学園

アメリカのオレゴン州にあるマルトノマ大学ジュニアカレッジを卒業。

帰国後、雑誌「ニューズウィーク」や「タイム・ライフ」の東京支局に勤めます。

1975年にコーディネーターとして独立

まとめ

黄色く変色しているのはブロンドのようでいいなと思っていましたが、見る人が見ると「退色」していると見るのですね。

まだまだ日本人が海外で活躍することが珍しい時代から、加藤タキさんは海外で交渉したりと、1歩どころか4歩、5歩と進んでいましたが、はるかに上を行っていました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました