ベルサイユのばら展2022!50周年 グッズにラデュレ必須!当日券や混雑状況?

ベルサイユのばら展2022!50周年 グッズにラデュレ必須!当日券や混雑状況? イベント
スポンサードリンク

六本木ヒルズの東京シティビューで2022年9月17日 (土) ~ 11月20日 (日) まで開催される「誕生50周年記念ベルサイユのばら展-ベルばらは永遠に-」では、ミュージアムショップ内に限定ブティック「ラデュレ・ブティック」がオープンします。

それ以外のグッズなど、わかり次第アップします。

ベルサイユのばら展2022!50周年 グッズにラデュレ必須!

ニナス オリジナル ロイヤル シークレット ガーデン・コレクション ボックス 誕生50周年記念 ベルサイユのばら展/45ティーバック入り 9,504円
・ニナス オリジナル マリー・アントワネットティー 誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 /リーフ100g缶 3,132円

【お取り扱い店舗】
ミュージアムショップ内「ラデュレ・ブティック」 及びラデュレ全店にて
他には今回のコラボレーションを記念したマカロンボックスや、アラベスク柄の箱入りのフィナンシェ15個もあります。

ミュージアムショップ内「ラデュレ・ブティック」
営業時間: 10:00 ~20:00
(※展覧会及び展覧会内ミュージアムショップは~22:00)
東京都港区六本木6-10-1
六本木ヒルズ森タワー 52F

ネイルも!

グランドハイアット東京でホテル滞在中およびアフタヌーンティーをご利用の方が対象になります。

ベルサイユのばら展2022!50周年

漫画家の池田理代子さんによる「ベルサイユのばら」は、1972年21号から1973年52号まで「週刊マーガレット」(集英社)で連載され、2022年で漫画の誕生から50年になります。

連載が始まった時、池田理代子さんは24歳です。

今ほど情報などなかったであろう時代に、よくここまでの内容を漫画にして描くことができたと感心をしてしまいます。

そしてマリーアントワネットは、オーストリアのハプスブルク家で1755年11月2日に誕生し、1793年10月16日に37歳で亡くなっています。

「ベルサイユのばら」がなければ、ここまで日本でマリーアントワネットが知られることはなかったのでは。

マリーアントワネットというと半端ない浪費癖、それだけでなく、不倫もするし、お金にだらしがないのは、貞操観念もだらしがない見本のよう。

それにも関わらず、池田理代子さんによる画風があまりに素晴らしく廃れることなく、新しいファンを年々増やし世界観も広がり、海外の歴史上の人物で、これほど愛されている人も珍しいと思います。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました