渡辺知彦 パン屋(参政党)の評判気になる!プロフィールをwiki風で!

渡辺知彦 パン屋(参政党)の評判気になる!プロフィールをwiki風で! ニュース
スポンサードリンク

渡辺知彦 参政党のパン屋は?

渡辺知彦氏は、プレッツエルやライ麦を使用した本格的なドイツパンを山梨県甲府市で経営しています。

お店の名前は「ドイツパン職人工房ヴァルト」になります。

住所:山梨県甲府市上石田3-3-15
定休日:日曜~金曜日
営業時間:土曜日のみ 11:00~15:00

渡辺知彦 参政党のパン屋の評判は?

ライ麦100%のパンは糖尿病の人のことを考えたモノだそうですが、「ドイツパン職人工房ヴァルト」の口コミや評判が気になったのでまとめました。

「小麦の香りがして、噛むほどに小麦の甘さを味わえます」

「ハードなパンからソフトなものもあるけれど、プレッツエルは、ビールと相性がいい!」

「営業が土曜日だけなのが残念!」

渡辺知彦 参政党のパン店は?評判やプロフィールをwiki風で!

生年月日:1963年12月21日

出身地:山梨県甲府市

出身学校:山梨県立甲府西高等学校卒業
東京電機大学卒業

東京エレクトロン設計開発でエンジニアとして従事するも、どうしても百姓になりたくて、農業をやりながら、フランス料理店のパン部門で働きます。

その後、ドイツで修行し、現「ドイツパン職人工房ヴァルト」経営

まとめ

渡辺氏の作るパンは、なるべく地域の食材を使用し、身体によろしくない影響があるモノは使わないようにと考えているそうです。

実はドイツと日本の小麦は、タンパク質量が近いそうなので、日本でドイツパンを作るのは、違和感のないことなのかもしれません。

また小麦のグルテンを避ける傾向がありますが、ライ麦は、グルテンが形成されないので、グルテンフリーなのだそうです。

プレッツエルは、生地を一度、重曹を溶かしたお湯にくぐらせてから焼くのは知っていましたが、ビールと合うんですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました