乙羽信子の死因や身長は?夫や若い頃写真は?息子?おしん役プロフィール

乙羽信子の死因や身長は?夫や若い頃写真は?息子?おしん役プロフィール 芸能
スポンサードリンク

女優の乙羽信子さんというと、丸顔でえくぼがかわいらしい方でしたが、亡くなられて24年にもなるのですね!

そんな乙羽信子さんについてまとめました。

乙羽信子の死因?

1994年(平成6年)12月22日午前、肝臓癌による肝硬変でお亡くなりになられます。享年70

お墓は京都市にありますが、遺骨の半分は代表作「裸の島」を撮影した広島県三原市の宿祢島に散骨されました。

乙羽信子さんの死後、新藤兼人監督は、1996年(平成8年)に第14回川喜多賞、1997年(平成9年)に文化功労者、2002年(平成14年)に文化勲章を授与などされています。

しかも、新藤兼人監督は、その後、100歳まで長生きをされ、2012年(平成24年)5月29日、老衰のため東京都港区の自宅でお亡くなりになっています。

乙羽信子の身長は?

詳しい数字はわかりませんが、田中裕子さんと一緒に撮った写真を見ると、田中裕子さんは身長が160cmで、それよりも低いことが分かります。

150cmくらいでしょうか。

乙羽信子の夫や若い頃写真!映画女優!画像

乙羽信子の夫や若い頃写真!死因?おしん役映画女優!画像プロフィール

26歳で、宝塚を退団すると、大映に入社します。大映は、宝塚時代から人気のあったえくぼに「百萬弗のゑくぼ」というキャッチフレーズをつけて、純情型のスターとして売り出します。


デビュー作は同年で、のちに夫となる新藤兼人脚本、木村恵吾監督の「處女峰」で、上原謙と共演します。

その後、何作かに出演すると、1951年(昭和26年)の新藤兼人の第1回監督作品「愛妻物語」で、夫を陰で支える妻を演じ、映画界でもスターの地位を手に入れることになります。

実は、この「愛妻物語」は、新藤兼人監督自身がモデルです。

乙羽信子さんが、新藤兼人にほれ込むのですが、当時、妻子持ちの不倫の関係から始まります。

監督が離婚後、一緒になりますが、乙羽信子さんは、先妻さんの子供から慕われていたそうです。

乙羽信子さんの遺作「午後の遺言状」では、最後の撮影場面では体調にあわせてシナリオを変更したそうです。

1978年(昭和53年)、新藤兼人監督と54歳で結婚。

一時期、新宿二丁目でバーでママをされていたことがあるとか意外な感じです。

新宿二丁目(新潮新書)

乙羽信子の息子?

新藤兼人監督との間にお子さんはいますせんが、新藤兼人監督の先妻の息子で映画プロデューサーで近代映画協会社長の新藤次郎がいます。

乙羽信子おしん役プロフィール

乙羽 信子(おとわ のぶこ)

本名:新藤信子(旧姓・加治)

生年月日:1924年(大正13年)10月1日~1994年(平成6年)12月22日

愛称は「オカジ」

出身地:鳥取県西伯郡米子町(現・米子市)西倉吉町

父の家に引き取られ、大阪で育ちますが、饅頭屋の養女となり、神戸市に移ります。

小学校のときから日本舞踊を習い、また、養父の姉に連れられて宝塚歌劇を見に行くうち、憧れるようになります。

1937年(昭和12年)、宝塚音楽歌劇学校(現・宝塚音楽学校)に宝塚歌劇団27期生として入学します。同期生に越路吹雪、

乙羽信子の夫や若い頃写真!死因?おしん役映画女優!画像プロフィール
月丘夢路、東郷晴子、大路三千緒、浦島千歌子、瑠璃豊美らがいます。
乙羽信子の夫や若い頃写真!死因?おしん役映画女優!画像プロフィール

宝塚入団時の成績は93人中49位。

1939年(昭和14年)の公演「宝塚花物語」で同期生達と共に初舞台を踏みます。

戦後、再開された公演でトップ娘役(主に雪組公演出演)を務めます。淡島千景と人気を分かち、戦後の宝塚歌劇団第一期黄金時代を支えます。
乙羽信子の夫や若い頃写真!死因?おしん役映画女優!画像プロフィール
1950年(昭和25年)、娘役に限界を感じ始め、松竹入りした淡島に倣うように「雨月物語/キュウバ/人魚姫」を最後に宝塚歌劇団を退団します。

あのNHKドラマ「おしん」で、主人公おしんの中年期以降の役を演じていらっしゃいましたが、当時、乙羽信子さんは59歳でした。

ちなみに、ドラマ「おしん」が放映される3年前の1980年に、宝塚の同期の越路吹雪さんが56歳でお亡くなりになられています。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました