さんま 焼き方 下処理で内臓取らない!フライパンでクッキングシート!

マツコの知らない世界
スポンサードリンク

2020年10月13日放送の「マツコの知らない世界」で、さんまの塩焼きの焼き方や下処理について紹介されました!

教えてくれたのは”さんまに恋して245のレシピを考案した”小野澤雅大さんです。

さんま 焼き方 下処理で内臓取らない!

さんまの内臓はビタミンの塊で、美肌効果があります!

大根おろしと一緒にして食べると、内臓の苦みが緩和されます。

オメガ3脂肪酸を多く含んださんまを1日、1本食べれば、それだけで美容や生活習慣病に効果があると言われています。

さんまの下処理は、まず水洗いして両面に塩をふります。

10分置いておくだけで、タンパク質がうまみ成分のアミノ酸に変わります。

浸透圧で臭みをとります。

それをさらに、水洗いすることで臭みを消します。

そして焼く前にもう一度軽く塩をふります。

さんま 焼き方!フライパンでクッキングシート!

1)フライパンに入るように、半分にカットします。
2)油は使わず、クッキングシートの上にのせます。
3)中火で片面につき7~8分じっくり焼きます。
表面にまんべんなく焦げ目がついたら完成!

さんまの見分け方3大ポイント!

1.さんまの口が黄色

2.目が澄んでいる。

3.さんまの頭がスリムなのより、少し盛り上がったもの。

さんまの頭がスリムなのは、お刺身向き。

さんまの頭がスリムなのより、少し盛り上がったものは塩焼きがおすすめ!

小野澤雅大さんプロフィール

小野澤雅大さん(54歳)は、年間1万8000匹のさんまをさばいています。

居酒屋駒八の豊洲店料理長です。

16歳の時、割烹店で料理人として修業を始めます。

44歳、さんま専門店の料理長に就任します。

49歳、夢でさんま仙人と出会います。

まとめ

下処理をする手間が、何より必要ですね。

さんま 焼き方 グリルの両面で時間は7分で!ふっくらジューシー
究極のさんまの焼き方を両面グリルを使って焼く方法を『ためしてガッテン』(2015/10/7放送)よりまとめました。 さんま 焼き方 グリルの両面で時間は7分で!作り方レシピ ポイント1. 余熱で3分間、両面グリル内を温めま...
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました